大阪府堺市で法事のことなら
        けんぽんじ

宗教法人 顕本寺

大阪周辺の法事・葬儀・永代供養のご相談

[TEL] 072-232-3964 [受付時間] 9:00~17:00

バナー

ホーム ≫

最新情報

HOME

顕本寺について

 大阪府堺市の中心部に佇む、法華宗(本門流)の寺院・顕本寺。室町時代に日隆聖人によって建てられたこの寺院は、約570年の長きに亘り「南無妙法蓮華経の教え」を弘め続け、その信仰を繋いでいます。境内にはゆかりの戦国武将・三好元長や、戦国時代の流行歌を作った高三隆達の墓所があり、平成の世に彼らの足跡を残しています。歴史と信仰が息づく寺院、それが顕本寺なのです。

公式フェイスブックはこちら

1451年創建 5世紀半にわたる歴史

 顕本寺は宝徳3年(1451)日隆聖人によって、この堺の地に創建されました。当時の日本はいわゆる「戦国時代」に突入する少し前の時代であり、関東では享徳の乱、関西では応仁・文明の乱が起こる直前でした。そのような混沌とした時代だからこそ、当時の人々は拠り所となる教えを求めたのです。農民や商人、そして武士が、それぞれに法を求め手を合わせました。その代表的な人物が、三好元長高三隆達です。

 三好元長は、阿波の国(徳島県)出身の戦国武将で、室町幕府と死闘を繰り広げた「堺幕府」の中核を担っていた人物です。元長はその武勇を如何なく発揮し、足利将軍を京都より追放するなどの活躍をしましたが、享禄5年(1532)顕本寺で非業の死を遂げました。その死後、顕本寺は元長の息子である三好長慶や三好実休らによって元長の位牌所と定められ、元長の供養を担うこととなっていきます。

 また顕本寺に住持していた僧侶の一人に高三隆達がいました。高三隆達は堺出身で、薬種商の家に生を享けました。彼は末子であった為若くして出家し、顕本寺の塔頭・高三坊の住職を務めていました。時が経ち、故あって還俗した隆達は、持ち前の美声を使って多くの歌を作り出しました。それが世に言う「隆達節」です。隆達節は戦国時代から江戸時代にかけて大流行しました。人生の機微や情緒を表現したその歌は、現代も人々の心を魅了し続けています。

 顕本寺は創建後、宗門の中にあって京都・本能寺、尼崎・本興寺の末寺に名を連ね、「南西国末寺頭」と定められていました。天文5年(1536)に起こった天文法華の乱に際しては、京都の本能寺が堺の顕本寺に避難しています。また天正14年(1586)豊臣秀吉から寺領27石の朱印地を許され、御朱印寺院となっています。元和元年(1615)の大阪夏の陣によって堂宇を焼失しましたが、元和8年(1622)現在地に再建されました。現在も再建当時に作られた青銅の鰐口(わにぐち)が現存し、当時の復興の様子を今に伝えています。その後時代が下り、昭和の大戦中に起こった堺大空襲によって再度焼失した顕本寺は戦後に復興し、平成15年(2003)に新本堂が落成され現在に至っています。

顕本寺の主な行事

 顕本寺では皆様のご信仰を護り、そして地域に根付いた行事を多く催しています。

 寺院で行う法要の中では、2月3日に行われる節分会において、お申し込みされた方の厄除けのお札や、交通安全のお札をひとつひとつ丁寧に名入れしています。また祈願法要の後にはぜんざいや恵方巻き・福豆といった、節分ならではの食材を参詣者に振る舞い、賑わいを見せています。
 3月中旬・8月中旬・9月中旬には、春秋の両彼岸法要と盂蘭盆法要を修行し、参詣者やお塔婆をお申込みいただいた方々のご先祖様の供養を行っています。御題目が書かれたお塔婆が本堂正面に一斉に並べられている様は圧巻です。
 11月には日蓮大聖人の御命日法要である「御会式」が奉修され、日蓮大聖人に対する報恩のお勤めが行われています。この法要では、寒い時期に日蓮大聖人の御木像におかけする「綿帽子」や、桜の花びらを模した「御会式桜」などを参詣者にお配りし、共に日蓮大聖人のご遺徳を偲んでいます。
 年末の大晦日には午後12時(午前0時)に除夜法要を本堂で行っています。お堂内の電気を消し、ローソクの灯りのみの中、一心に唱える御題目の功徳によって、神秘的な体験が出来るとともに、新たな年を迎える法要となっています。
 
 地域に開かれた行事としては、歴史に関連した講演会などを開催しています。その代表的な行事は「元長忌」と「隆達忌講演会」の二つです。
 「元長忌」は戦国武将・三好元長の命日である6月20日前後に毎年行っている、元長を偲ぶ法要です。元長の追善法要を行った後は、三好家に纏わる講演会が開催され多くの方が訪れています。
 隆達忌講演会は毎年11月頃に行っている隆達節に関する講演会です。隆達節研究の第一人者・小野恭靖先生にお話しいただく講演は、隆達節を知る上で貴重な機会となっています。

 これらの他にも、堺文化財特別公開や堺まつり、彩桜忌などの地域の行事に参画し、地域に根付いた活動を幅広く行っています。

御相談を承ります。

菅原住職b
 顕本寺では「人と人の繋がり」を大切に、専門機関で学んだ確かな宗学と所作から、1軒1軒丁寧なお参りを心掛けています。読経・唱題は勿論の事、お経を読み終えてからのご家族とのお話の時間も大切にしています。これは仏事を行う為には「お参りする寺院」と「お参りされるお家」との信頼関係が第一と考えているからなのです。
 顕本寺は昨今の商業性の強い、形だけの法事葬儀ではない「安心のお参り」を皆様にお届けしたいと考えています。また仏事に関するお悩みや宗派の事、お布施の事などに関しても、直接住職に申し込めますので安心です。お家ごとのご事情を理解し、幅広いご相談を承っております。

PHOTO

お問い合わせ
〒590-0955 大阪府堺市堺区宿院町東4-1-30
[TEL] 072-232-3964
[受付時間] 9:00~17:00

Side Menu

Side Menu

モバイルサイト

宗教法人顕本寺モバイルサイトQRコード

宗教法人顕本寺モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!